BEHIND BRIGITTE BARDOT

2011/10/17 月曜日 - 16:46:37 by tshibuya

1_2.jpg

3、4日前に昨日今日で紹介したピート・ルゴロのBEHIND BRIGITTE BARDOT。
これは300枚(LP)の限定発売のものでオリジナルのジャケットと同じもの。その他、CDで何回も再発されているらしいけれど、おかしいのはジャケットの表面に写真の右半分を使ってあったり左半分が使ってあったりで、表面にはタイトル、裏面には曲目が入っていて、その写真の向きも逆になっていたりするのがあるからもうよくわからない。ぼくが手に入れたのは写真が逆さま、写真の足の部分が表面になっているもの。内容は同じだろうからいいようなものだけど。

さっそく1曲目のJEFF’S BLUESを聴いてみる。素晴らしいサウンド。やっぱりいいなあ。
でも聴いていくうちに昔聴いたときの感じを思い出した。他の曲があまり魅力ないのだ。だから1曲目だけ憶えていたんだろう。強いていえば5曲目のPARIS B.B.と8曲目のL’ETANG辺りか。どの曲も上等なムードミュージックではあるけれど。これがバルドーの映画でも記憶にあればもう少し別の感慨もあるかも知れない。
以下はレコード店のページから。

Pete Rugolo (arr,cond)
Pete Candoloi (tp)
Ollie Mitchell (tp)
Milt Bernhart (tb)
Buddy Collette (ts)
Laurindo Almeida (g)
Frank Rosolino (tb)
Mel Lewis (ds) and more
1959年12月18、30日 ハリウッド録音

2 Responses - “BEHIND BRIGITTE BARDOT”

  1. DOTCOOL : 2011/10/21 - 16:19:35 -

    こんにちは。
    セクシーなジャケットで、思い出して、
    以前のラジオ番組、アップしてみました。
    また、聴いてみてください!
    http://dotcool.sitemix.jp/

  2. tshibuya : 2011/10/22 - 12:10:36 -

    coolさん、しばらく。相変わらずやってますか。
    そうだ、あのときはこのジャケットのこと思い出さなかったんじゃないかなあ。残念なことをした。
    またなにかやりましょうね!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>