帰ってきました

2011/11/29 火曜日 - 16:02:25 by tshibuya

新千歳空港に着いたらいい天気で暖かい。なんだ全然寒くないじゃないか、といってみたもののさすがに空気が冷たい。透明な感じがする。
杢(洞爺)の荒井修さんが洞爺駅まで迎えにきてくれた。2時間ほど休んでライブ。伊達の連中やこの間のライブにきてくれた人たちで満員。といっても40人くらいか。小さい店なのだ。

moku20111123.jpg

終わってから修ちゃん(テナーサックスを吹く)とミスティーを演奏。もうひとり女性ボーカルの人と、こちらはイパネマの娘を。実はこのあたり、憶えていなくて、翌日写真を見て、あれ、なにかやったんだっけ、といいながらだんだん思い出した。
下は修ちゃんの作った「逃げ出した鍵盤」。う〜ん、明田川さんかだれかにじっと見つめられたら逃げ出したくなるかも。

syu_key.jpg

24日は洞爺湖の温泉街対岸にある絵描きさんの家に寄って伊達に。大木徳市さんなどと佐藤良幸さんのところで飲む。夕方の列車で札幌へ。
これはその絵描きさんの娘さん(愛ちゃん)がオカリナに直接描いたもの。

wp_000057_1.jpg

25日は今日から3日間いっしょにやる秋田祐二(通称カニ)さんの車で穂別へ。途中で川村年勝さんをピックアップ。今回の穂別は川村さんの紹介だ(この前もそうだったけど)。今日もいい天気。夕張まで最近できた高速に乗って午後早い時間に着いた。ここは昨年津上研太ときたところで、そのときもだったけれど今回もすごく気分がよかった。なにしろ4000人もいない街なのにその中の50人くらいが聴きにきてくれるのだからそれだけでうれしくなってしまう。会場になった「地球体験館」もなんだか不思議に落ち着くところだ。
地球体験館ロビーにある地球儀。あっ、向こうにだれかが・・・

taikenkan.jpg

ベースのカニは川端さんのベースを持っていて3日間そのベースでやってくれる。実はカニとちゃんといっしょにやるのははじめてだ。「蝶々在中」の中の曲、それから川端さんとはじめていっしょにやったアルバム「cook note」の中の曲など、すべて聴いてきてくれたので安心してできた。演奏もすばらしかった。
打ち上げで出たシシャモがおいしい。この辺り(むかわ町)はシシャモで有名なところらしい。

翌26日、札幌へ。途中、昨年津上研太、今年平田王子さんと行った夕張のファイブペニーズによって珈琲を飲む。夕張は今回の旅の中で一番雪が多かった。といっても、まだ大したことないけど。
夕方、今日の会場「くう」へ。もう何回ここでやったんだろう。思い出せないくらい。はじまる前に近くのお蕎麦屋さんに行ってそば湯割りを飲む。
打ち上げはお店で。今回いろいろやってくれた勝田さんが薫製などたくさん作ってきてくれた。あ、それから、コマイ(氷下魚)、じゃないオオマイの鍋。

最終日は札幌のにぎやかなところにあるbossaで。この日は川端さんの高校時代の同級生、先輩後輩、勝田さんなどの主催で、お客さんがたくさんきてくれた。焼き鳥ジャンボ(後輩)、ありがとう。それからbossaの高橋さん、ありがとう。
カニの演奏もよかった。
終わって外に出る。興奮してるせいか寒さは全然感じない。このまま帰りたくない気分になって途中のら〜めん屋に入って味噌ら〜めんを食べる。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>