なつかしい

2011/12/11 日曜日 - 15:10:35 by tshibuya

hadakanotaisyo.jpg

asianimprovさんが紹介してくれているのでここではちょっとだけ。

裸の大将放浪記(山田典吾監督)の音楽をやったのは1981年だったか。なんだ、まだ30年前じゃないか。もっと昔だと思っていた。
この映画の主題歌を歌ってくれたのが小坂忠さんだ。
どういうわけで小坂さんに歌ってもらったかはよく憶えていないけれど、そのころ小坂さんにはCMをたくさん歌ってもらっていたからそういう縁でお願いしたんだろう。そういえば、鹿児島県樋脇町の歌(樋脇観光小唄)を作ったとき、そのお手本を歌ってもらったのも小坂忠さんだった。
それもこれもなつかしいけれど、この裸の大将放浪記がなつかしいのにはもうひとつわけがあって、浅川マキさんが歌ってくれた無題(Beyond the flames)という曲の原型がこの映画の中にあるからだ。どのシーンだったか忘れたけれど、確かそのときもピアノソロでやったような気がする。

3 Responses - “なつかしい”

  1. asianimprov : 2011/12/12 - 20:52:35 -

    渋谷さんがCMの仕事をされていた頃に小坂忠さんに「たくさん歌ってもらっていた」というのは驚きです。

    もし、今、渋谷さんの伴奏で小坂忠さんがバラード曲を歌ったら、嬉しくて卒倒しそう。そんな組み合わせのライブがあったら仕事をほったらかしてどこにでも行きます。でも、小坂忠さんに会われる機会はないのでしょうね。

    CMソングはレコードとしての残らない「日陰の音楽」かもしれませんが、当時の、渋谷さんと小坂忠さんとの信頼関係がこのドーナツ盤から感じられます。

    しかし、レコード・プレーヤーが生きていて良かった。アナログの音はいいです。優しい。

  2. 岩下和了 : 2011/12/13 - 02:20:20 -

    渋谷さん。この作品はDVDが出ています。それで、僕も見ました。「無題」は、少年時代の山下の盗癖を直そうと説諭する先生のジャンバルジャンの逸話のシーンで長く流れます。とてもいい場面です。

  3. tshibuya : 2011/12/14 - 11:42:44 -

    小坂忠さんにはほんとにたくさん歌ってもらいました。あのやさしくて飾らない歌が大好きだった。
    小坂忠さんのバラード集ですか。いいですね! そういう機会があればうれしい。

    岩下さん、すごいなあ、シーンまで憶えてるの? そういえばそんなシーンがありましたね。
    もしかしたらvibでやったかも知れない。そんな記憶もあります。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>