ある歌手のブログのコメントに

2012/04/21 土曜日 - 09:20:45 by tshibuya

こんなのがあった。

英語の発音をおろそかにしていると、とても聞き取りにくいといいますか、正直英語に聞こえないのです。もう一度見直しの時期に来ておりませんか? プロとして皆さんの人前で歌う以上は、もっと磨きを掛けてほしいものです。とても聞き苦しいのです。

わっ、ひさしぶりにこういうのを見た。こんなこという人がまだいるんだ。この人は音楽を愛しているらしい(当人がいっている)。でもこれって音楽と全然違う話じゃないか。英語に聞こえようが聞こえまいが音楽は聞こえてくるはず。おそらくこの人は音楽を聞いていない。しかし自分では音楽を聞いていると思ってるんだろうなあ。悲劇、いや、喜劇だ。

6 Responses - “ある歌手のブログのコメントに”

  1. magma : 2012/04/21 - 17:03:03 -

    見直しの時期というのが面白いですね。新聞の投書欄みたいだ。

  2. Aruma : 2012/04/22 - 04:23:55 -

    当分流行っちゃいそうです(笑)。

  3. tshibuya : 2012/04/22 - 12:34:57 -

    見直しの時期・・・
    ほんとだ! なにか変だと思ったのはそういうことだったのか。 
    いや、このコメントはいろんなことを語っていて面白いですね〜〜〜

  4. asianimprov : 2012/04/22 - 13:57:25 -

    あるピアニストのブログのコメントに、こんなのがあった。

    「ジャズらしい弾き方をおろそかにしていると、とても聞き取りにくいといいますか、正直ジャズに聞こえないのです。もう一度見直しの時期に来ておりませんか? プロとして皆さんの人前で弾く以上は、もっとジャズの練習に磨きを掛けてほしいものです。とても聞き苦しいのです、渋谷毅さん。」

    なんとかパロディーに仕上げてやろうと思いましたが、パロディーにさえなりませんでした。(苦笑)

  5. magma : 2012/04/23 - 08:04:27 -

    「酔っ払うことをおろそかにしていると、とても付き合いにくいといいますか、正直バンドに思えないのです。もう一度見直しの時期に来ておりませんか?バンドとして皆さんの奢りで飲む以上は、もっと酒乱に磨きを掛けてほしいものです。とても息苦しいのです。」いかがでしょうか(笑)

  6. aruma : 2012/04/28 - 16:23:41 -

    ほぼ内容は↑同じではありますが(笑)。むちゃ受けたので。。

    「お酒を奢られる事をおろそかにしていると、とても付き合いにくいといいますか、正直渋谷毅に思えないのです。もう一度見直しの時期に来ておりませんか? 塀の上を歩くピアニストとして皆さんの人前で演奏する以上は、もっともらい酒の練習に磨きを掛けてほしいものです。シラフはとても苦しいのです、渋谷毅さん。」

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>