札幌小樽洞爺穂別

2012/11/23 金曜日 - 14:42:57 by tshibuya

寒いと聞いていたけれど札幌に着いたらそんなに寒くない。なんだ、と思ったけれど寒いのは好きじゃないからよかった。
初日「くう」のライブは夢中でやっているうちに終わってしまった。はじまる前に近くのよく行くおいしいお蕎麦屋さんで日本酒2杯飲んで、演奏の合間にも飲んでいたからそれも当然で、終わりの方は正体がなくなった。初日だから、まあ、いいではないか。よくないか。

明けて11/16、小樽へ。
小樽の「フリーランス」ははじめてやるところ。もうずいぶん昔にお客さんで入ったことがあったけれど演奏ははじめて。guestにこちらにいる奥野義典さん(as)。奥野さんはオーケストラでも何回かいっしょにやったことがあって、機会があればまたやりたいと思っていた。実現してよかった。いい演奏だったと思う。若いお客さんがたくさん聴きにきてくれてうれしい。

11/17は洞爺の杢。川村さん(今回のツアーのコーディネーター)、海老田くんが車で迎えにきてくれて小樽出発。雨がしとしと降っていて寒い。雪になるかも。倶知安を通って洞爺湖畔に出て、杢へ。はじまる前に温泉にでも、という話もあったけれど、ゆっくり入っていたらそれで終わってしまうのでやめてちょっと休憩。演奏は7時からだったけれどその頃から雨が雪に変わった。伊達ジャズクラブ(元といった方がいいか)の大木さんはじめ何人かがきてくれた。必ずくる佐藤さんは用事があってこられないとのこと。残念。

11/18、穂別に。
途中で伊達の大木さんがやっているお蕎麦屋さんに寄る。大木さんと知りあったのは70年代の中頃で、その頃彼はジャズ・バーをやっていた。大雪の中そこに辿り着いていろいろ話しているうちになかよくなったんだと思う。それから伊達には数え切れないほど遊びに行った。津上研太とのアルバム「無銭優雅」のジャケットの絵はそのとき紹介された不思議な老人、シブヤシゲヨシさんの描いたものだ。洞爺の杢の荒井修ちゃんにもそのとき会った。

穂別の街に入ってまだ時間があるのでむかわ町に向かう。むかわ町はししゃもの有名なところで、いまシーズンだからそのお鮨が食べられるという。話には聞いていたのでよろこんで連れて行ってもらった。おいしい! もっとさっぱりしているのだと思ったいたら脂がのっている。う〜ん、食べにきてよかった。
穂別の地球体験館は3回目。主催してくれた中野さんはじめ体験館のスタッフの顔もやっと憶えた。寒い中(夜になったらすごく寒くなった)お客さんがたくさんきてくれた。演奏もよかった気がする。

翌日市野さんを空港に送る前に夕張のFIVE PENNIESに寄る。前に津上研太、平田王子さんときたところだ。昨日の雪が残っている。1時間ほどいて空港へ。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>