沢田駿吾さん

2006/09/01 金曜日 - 07:51:16 by tshibuya

沢田駿吾さん(g)が亡くなった。

ぼくのジャズ生活は沢田さんのバンドからはじまった。
新宿のニューコスモポリタンというお店。夜8時か9時にオープンして朝に近い夜中まで。で、お客さんがくるのは大体12時を過ぎてからだ。
びっくりした。なにしろ12時過ぎれば人間は寝ると思っていたから、そんな時間から遊ぶ人がいるなんて、なんて不思議な世界があるんだろうと思った。

ピアノは全然弾けなかった。あまり弾けないので二ヶ月で辞めさせてもらった。もうジャズなんてやらないぞ、と決心したけれど、ジョージ川口さんに声をかけられてまたすぐはじめた。
二年後くらいに沢田さんのところにまた戻って、そのころの仲間が渡辺文男さんであり今村祐司さんであり、いまでもいっしょにやっているところを見ると、この辺りがぼくのジャズの原点ということかも知れない。

沢田さんとはそれ以後付き合いはなかったけれど、ライブで演奏し、ルーツ音楽院で後輩の指導に当たっていたことは知っていた。合掌。

2 Responses - “沢田駿吾さん”

  1. たま。 : 2006/09/10 - 10:50:13 -

    久しぶりにブログをのぞかせていただいたら、
    この記事。びっくりしました。
    遅ればせながら、ご冥福をお祈りしたいと思います。合掌。

  2. tshibuya : 2006/09/10 - 15:00:37 -

    そのころ沢田さんは作編曲に非常に興味を持っていて、どんどん仕事を取ってくるので必然的に時間が足りなくなる。で、二人で徹夜してやったりしました。勉強になった。ほんとに。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>