月の鳥

2006/12/08 金曜日 - 23:52:20 by tshibuya

ちゃんと書いてなかったような気もするので改めて、
石渡明廣(g)とのduo、「月の鳥」完成しました。録音は今年の4月と5月、合羽橋「なってるハウス」で。
duoの計画はずいぶん前から立てていたもののここまで遅くなったのは生まれつきの無精者ゆえ、でも、いま非常に満足しています。というより、ただただ、うれしい。

1 TALK ABOUT WALKING THROUGH
2 月の鳥
3 影響の記憶
4 SING IN EXIT
5 BODY AND SOUL
6 OBSCURE STEPS
7 MR. MONSTER
8 深く、ゆっくり、上へ

5と7以外は全部石渡明廣の曲です。7は峰厚介さんの曲。
ぜひ聴いてください。
上の写真はちゃんとした画像がないのでいまデジカメで撮りました。

追記
デザインをしてくださった四釜さんのblogにジャケットについての詳しいことが載っています。
ぜひご覧ください。
あ、それからCDは林泉のホームページから購入できます(まだカタログには載っていないようですが)。

7 Responses - “月の鳥”

  1. 池田洋一郎 : 2006/12/10 - 00:21:43 -

    渋谷さん ご無沙汰しております。発売楽しみにしていました。ところで、CDはどのようにして購入すれば良いのでしょうか?

  2. tshibuya : 2006/12/10 - 08:28:21 -

    洋一郎さん、やっとできました!

    購入は林泉のホームページから、なんですが、まだできたばかりでCDはぼくの手元にあります。何日かすると林泉の方に届くので、そうすると(ホームページにも情報が載り)購入が可能になります。
    しばらくお待ちください。

  3. 池田洋一郎 : 2006/12/10 - 13:10:56 -

    了解!

  4. torigen : 2006/12/11 - 20:58:04 -

    お洒落なジャケットです!
    なんだか内容が反映されている感じがして、聴きたくなりますネ。
    期待しております。

  5. tshibuya : 2006/12/13 - 09:21:46 -

    torigenさん、こんにちは。
    今回はけっこう楽しみました。あ、ジャケットの制作の方ね。音楽の方は苦しい。いつもですが(笑)。
    関西方面でライブがあれば持って行けるんですが、いまのところ予定がありません。う〜、残念!

  6. asianimprov : 2006/12/18 - 21:06:27 -

    「月の鳥」は、静けさの音楽で、ハードなものを期待していた者としては予想外でした。しかし、嬉しい誤算というやつで、石渡さんのギタリズム(こんな英語があるのか?)と渋谷さんのピアニズムが、実は近いところにあるのだということがわかりました・・ということが書きたい自分もわかりました。青木和富さんの文章にあるように、渋谷さんをダシにして自分のことをどんどん書けばいいこともわかりました。(笑)

    しかし、考えてみると、美味しいダシが取れる音楽家はこの世に数人しかいない。ほとんどは甘すぎるか塩辛過ぎるか脂っこいかで、料理に使えない。極上の鰹節みたいな渋谷さんを、ぐつぐつと煮えたぎるお鍋にどさっと放り込んで、「魂の渋谷ダシだ!」と叫びたい。道場六三郎か、お前は!

    戦時中に、アメリカの西海岸に住んでいた12万人の日本人と日系人が収容所に送られたんですが、収容所で実に様々なモノを自作しているんです。それらが写真集になって出ているのですが、中でも感激したのは手作りの「鰹節削り箱」で、子どもの頃に僕の家にもあったやつ。非日常の辛い中ででも、日本人はダシなしには生きられないのです。で、わたしたちファンも「渋谷印のダシ」なしには料理が作れない。インスタントの「本だし」ではだめなんです。うふふふふ。(何を言ってるんだか・・・)

  7. tshibuya : 2006/12/19 - 11:14:24 -

    「月の鳥」はなんでもないCDを作る、というところから出発しているので、人間相応になるのは当然のことです。これはいい換えれば、この無精者! ということでもあります。
    世の中がどうのこうのなんていう気はさらさらなく、また、諦めているわけでもなく、もちろん達観しているわけでもなく、ときに騒々しく、ただ与えられた仕事をするだけ、というのが無精者ものです。はは。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>