鈴木祥子さんと

2007/05/07 月曜日 - 10:27:40 by tshibuya

春一番(5/4)が終わってメンバーと別れた翌日、名古屋に移動して鈴木祥子さん(vo、etc)とライブ。他にかわいしのぶさん(b、vo)。
う〜ん、感激。10年くらい前に偶然聴いた鈴木祥子さんにびっくりして、いつかこういう人とやってみたいなあと思っていたのがついに実現。実はこの日は二回目で、つい先日、4/27の南青山MANDA-LAがはじめてでした。

どういっていいかわからないけれど、実際に聴く鈴木さんの声はCDで聴くよりずっと暖かく、人間的(よくわからない言葉だけど)な感じがしてとてもいい。と、どうもわからないことをわからない言葉でいう感じになって申し訳ないけれど(笑)、鈴木祥子さんについてはぼくよりasianimprovさん辺りが詳しい(で、的確)ので登場を待ちましょう。
終わってしばし歓談。ラブリーに寄って帰ろうと思ったけれど、旅も8日目になるとさすがにちょっとくたびれる。早々にご帰還。

追記
asianimprovさんのブログにこの日のことが書いてあるのを発見! これによるとぼくが最初に聴いた「水の冠」は1989の作とあるから、15年くらい前になる勘定だ。

4 Responses - “鈴木祥子さんと”

  1. torigen : 2007/05/07 - 19:29:58 -

    おぉっと、渋谷さんお気に入り(vo,etc)!!の鈴木祥子さん。
    etcってのがこれまた凄いですネ。そっか、Liveでの鈴木さんのvoはひと味違いますか?音楽よもやま博士asianimprov氏によると、鈴木さんは京都在住とか?これまたスケジュールをチェックして一度聴かなきゃですネ。

  2. 神戸の隠居 : 2007/05/08 - 00:27:04 -

    CDとナマの違いは、今回のオーケストラでも大いに実感しました。
    大変でしょうが、ナマのすばらしさを伝えるために、鈴木祥子とも神戸に来てください。

  3. tshibuya : 2007/05/08 - 08:58:48 -

    CDで聴いてそれでずっとイメージしてきたわけですからどこか浄化されている部分があるんでしょう。こういうのをなんていうのかな、あてはまるいい言葉があったような気がしますが。
    またやってみたいけど彼女がどう思うか、それが問題(笑)。

  4. asianimprov : 2007/05/08 - 20:33:12 -

    「登場を待ちましょう」って、勝手に振られても困るんですが(笑)、鈴木祥子さんは「中村八大に捧げるライブ」で初めて渋谷さんを見て「なんて素敵なピアノだろう」と感激し、渋谷さんに共演を依頼したとステージで話していました。良い出会いですね。鈴木祥子さんの行動力もたいしたものですが、それに応じた渋谷さんもなかなか。(^^)

    ブログにも書きましたけど、自分の曲だけでなく「歌いたい曲を歌う」鈴木祥子さんの純粋さに驚きましたです。ジャンルを横断してる。ブログで触れた曲以外に「竹田の子守歌」を歌いましたが、この「赤い鳥」の名曲を久しぶりに聴きました。自分の曲の歌詞を覚えていないところは大貫妙子さんとよく似ています。(爆笑)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>