静岡おでん

2007/07/09 月曜日 - 19:01:05 by tshibuya

静岡行ってきました。「蔵」も「ドットクール」もにぎやかで楽しかった。作ってそうなるのではなく自然にそうなるというのがいいなぁ。

「ドットクール」のライブがはじまる前に楽しみにしていた名物静岡おでんを食べてきた。なんと、静岡おでんの会会長(4代目)にご案内していただくという光栄にあずかって、食べ終わるまでその静岡おでんに対する熱い想いを聞かせてもらった。
どうやら静岡おでんのルーツは昔駄菓子屋で売っていたおでんにあるらしい。もちろんその向こうには日本全国にあるおでんがあるとしても、会長の話しぶりはそういうおでん一般ではなく、子供のころ食べたおでんへの郷愁といったものでできているように思え、静岡市に何百というおでん屋さんがあって、そこにくる人たちが全部そういう郷愁を抱いているかどうかは知らないが、子供のころ学校の帰りにそこで二三本のおでんを買って食べた、そういうことを思い出さずにはいられないほど静岡にはおでん屋さんがあった。

変わっているのは、
濃い色をしたおつゆは飲まなくて、
種は全部串に刺してあって、
お皿に取ったそれへ、鰹節粉と青海苔をかけて食べる。
う〜ん、これは駄菓子屋に合わせた食べ方だ。おつゆは減ったらお店が困るから、串の数で値段を計算するから(お皿なんかも当然なかったろう)、鰹節粉と青海苔はサービスでしょう。これがなかったら面白くない。
あ、あと、この辺りの名物の黒はんぺんが入っていなくてはいけないらしい。

10 Responses - “静岡おでん”

  1. はなのや : 2007/07/10 - 01:38:09 -

    >静岡おでんの会会長(4代目)
    4代目というのがすごいですね!

    おでんと言えば、チビ太を思い出すなぁ。あのおでん、美味しそうやった!
    はなのやの向いのおでんも関西風で美味しいです。おばあちゃんがヘンコですが(笑)樽酒もおいしいです。覚えてますか?

  2. tshibuya : 2007/07/10 - 05:20:51 -

    はなのやの向かいのおでん屋さん、もちろん憶えていますよ! 猫がいるんですよね。また行きたいです。

  3. 妃摩甚 : 2007/07/12 - 07:44:02 -

    はじめまして!というのもなんだか変ですが、くるみさんのところへ出没してる呉の住人です。おでんの話でついに書き込まざるの人に。何年かまえ、広木さんのワークショップが呉の蒲刈で行われましたそのときの打ち上げの打ち上げが呉の迷亭というおでん屋であったのです、おいしいおでんと地酒で盛り上がったことを思い出しました。呉にはもう一軒和紙の大好きなおでん屋があります.泡盛というお店で、泡盛・ビール・日本酒・ラムネとおでんしかない店で、安くてうまい日本でベスト10にはいるお店だと思ってます。
     一度九州へ行く途中によってくださいな、ちなみに和紙はおでんやに行ったときは必ずおでんが置いてある東側に座ります。癖です。ジミー・オディーンのオデンの東です!!ん!?
     最後に、このブログは大好きなブログです。渋谷さんの文章は和紙が大好きな呉出身の作家田中小実昌さんの文章のように味があります。大好きです。

  4. のりたけ : 2007/07/12 - 08:20:01 -

    はじめまして。
    先日はDOT COOLのライブにワンステージしか聴くことができず、未だに後ろ髪を引かれつづけている のりたけといいます。
    それでも、ライブは充分堪能いたしました。楽しかったです。ありがとうございました。

    さて、実は私もライブの前に静岡おでんを食べてからDOT COOLに行きましたので、思わずコメントしてしまいます。
    渋谷さんは「青葉おでん街」に行かれたのでしょうか?
    私は、あの屋台風なお店がずらら〜〜と並んでいる通りを2周して ようやく入るお店を決めることができました。あまりにぎやかなお店をチョイスすると入るのが恥ずかしいので(結構小心者なので;)、結局お客さんの少ないお店を選んで入りました。
    静岡おでんの会会長さんにお店選びのポイントなぞ聞いてみたい気がします。

    あの通りのお店のどかこかで渋谷さんがいらっしゃったとしたら、1件1件中をのぞいていけば良かったですねぇ。。うーん、ちょっと後悔。

  5. tshibuya : 2007/07/12 - 08:23:43 -

    妃摩甚さん、コメントありがとうございます。
    広島での合宿ですか。なつかしいですね。もう10年くらい前でしょうか。
    呉のおでん屋さん、広木さんに聞いたことがあります。おいしいんですってね。
    広島方面はこのところ行っていません。あ、昨年二階堂和美さんのライブで行ったんだっけ。いつか、ぜひその「泡盛」へ。

  6. tshibuya : 2007/07/12 - 09:30:03 -

    やっ、のりたけさんも「青葉おでん街」でしたか。ぼくたちはあの横町のDOT COOL側から入って4、5軒目左の確か「ききょう」というお店でした。ぼくも案内してくれる人がいなければ2周、いや、3周はしていたでしょう。
    案内してくれたおでんの会会長によれば、一軒一軒味が違うんだそうで、それはそうだろうと思っても、一日にそう何回もおでん屋さんには入れない。こんどきたときの楽しみにします。
    しかし、会長の話は熱が入っていた。昼間、駿府城跡庭園や浅間神社に行ったんですが、そこにボランティアで話をしてくれる人がいて(よくいますよね)、会長の話もそれに似ていて、しかしボランティアそのものが目的の前者と違って、会長の方は本当におでんが好きというのがあるから、お店に入ってから出るまで静岡おでんの話は終わらないのでした。
    で、ライブにはきてくれませんでした。そんなのはメじゃないんでしょうね(笑)。

  7. miura : 2007/07/22 - 00:45:57 -

    うわ!静岡に来ていたんですか!!

    知らなかった。と言うより、調べておかなかった自分が悪いのですが・・・ あー、1年ぶりに渋谷さんの音を聞きたかったですよー。

    今度来るときは、絶対に行きますから!
    そして、次は、もし良ければ美味い寿司でも食いに行きませう。

  8. tshibuya : 2007/07/22 - 07:16:12 -

    miuraさん、くるかなぁ、と思っていました。で、また引っ越したのかなぁ、とも思っていました。
    次の機会にぜひ。新しいCDもできています。こんど会ったときにお渡ししますね。

  9. 元パノニカの常連 : 2007/07/23 - 22:30:08 -

    渋谷さん、7月6日・7日の静岡ライブお疲れさまでした。ボーカルのデコちゃん(清水秀子さん)とも息がぴったりで演奏には聴き入ってしまいました。
    そしてライブを聞きながら、何故か20数年前に彼の地、鹿児島のライブハウスでの情景や当時の仲間達の顔が次々と浮かんできました。
    20数年経過しても、いまだにJAZZと関わっている自分が可笑しいような、頑固一徹だけなのか分かりませんが、師匠・中山信一郎氏が口癖のように言っていた「日本のJAZZが面白い!」を実感したライブでもありました。

  10. tshibuya : 2007/07/28 - 12:36:00 -

    元パノニカ常連さん、先日はどうも。
    「日本のJAZZが面白い!」はやや省略したいい方だと思いますが、その辺り、中山さんにゆっくり聞きたかったですね。
    また静岡行きたいです。といっていればいつか実現するはず(笑)。そのときはまた。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>