「solo」ライブ

2007/12/25 火曜日 - 11:45:17 by tshibuya

このsoloが「solo」なのかsoloなのかが悩ましい(笑)。「」付きの方は今回出たアルバムのタイトル(のつもり)。

2/22 神戸「ビッグアップル」はCD完成記念ライブの初日。古くからの友人はじめ、いつもきてくれる人、たまにきてくれる人、全然知らない人(もう、前に書いたって)、などたくさんきてくれてにぎやかだった。にぎやかと思わない人がいてもそれは錯覚です、というくらいの盛況。
一曲目、「Polka Dots And Moonbeams」のイントロ4小節の間に3回も音を間違えたりして、あれあれと思ったけれど、なにか今日はうまくピアノが弾ける予感がする。たった4小節の間(10何秒か)にいろんなことを感じたり思ったり考えたりするのだ。人間ってすごい!
終わってマスターの近藤さん、お客さん数人と打ち上げに。行こうとしたお店が閉まっていたりつぶれていたりで30分ほど歩いてやっと入れたお店で乾杯。おつかれさまでした〜。

2/23 京都「ステファニー・マンハッタン」
はじめてのお店だったけれどとても気分がよかった。マスターの池田さんは気さくな面白い人で、これだったらお店もつぶれないだろうと思った。と、失礼な書き方だけど、これはまたここでライブをやりたいな、ということなので。わはは。
神田さん、torigenさん、遠藤さん、扇さん、他たくさんのお客さま、きてくれてありがとう。
torigenさん(わはは)、またまた顔を忘れていて失礼しました。どうしてこう憶えてないんでしょうね〜。決して忘れるようなお顔じゃないのに(笑)。それも周りの人の笑い、顔つき、話でやっと思い出したっていうんですから。明日の記憶。
遠藤瓔子さんには酔っぱらった勢いで(こちらが)昔話をしてもらったりした。ありがとうございました。このごろはすっかり着物の先生ですね。
CDは20枚、いや20組(40枚だ)持って行って全部なくなりました。足らなかった。

13 Responses - “「solo」ライブ”

  1. torigen : 2007/12/25 - 13:04:20 -

    ども、渋谷さん。

    楽しくて素晴らしいライヴを有り難うゴザイマした。
    しかし、毎回顔を忘れられてるのはいいとして、決して忘れるようなお顔じゃないのに…って、そりゃ造作には自信の欠片もないですけどね、わはは。でも、ホント覚えてもらい易いんですけどネ?(泣)。
    店もいい雰囲気で、存分に渋谷さんのピアノを楽しむことができました。これが年内最後のライヴなので良い締めくくりとなりました!

  2. asianimprov : 2007/12/25 - 21:23:21 -

    あれは、I didn’t know about youではなかったんですね。いいかげんなことを言うのはやめます。(>_

  3. tshibuya : 2007/12/26 - 09:52:23 -

    torigenさん、ぼくの頭の中ではtorigenさんの顔は別の顔として記憶されているようで、というところがあって、それがどんな顔だかはっきりしないのが困るのですが、もう少しお歳を召した、そしてもう少しもの静かな方(わはは)、というように憶えていた、らしいです。
    と、いいわけはこのくらいにして、またお会いしましょう。

  4. tshibuya : 2007/12/26 - 09:58:04 -

    asianimprovさん、あの曲は、keyは同じ、サビの出だしも同じ、と、すごく似てるんですね。それをぼくが弾くので、もうほとんど同じです(笑)。
    まあ、違っても違わなくても大した違いはないわけで。いや、もしかしたら同じ曲を弾いたかも知れないなぁ。なにしろ酔っぱらいというのは恐いものなし、ですから。

  5. 急須 : 2007/12/27 - 00:21:02 -

    打ち上げに同行させてもらった者です。

    ビッグアップルでの演奏は素晴らしかったです。
    でも、ブログで内幕をばらされたらなんか複雑(苦笑)。

    話は変わりますが、今月の「レコード・コレクターズ」で山上路夫さんのインタビューが掲載されてます。その中で、渋谷さんの事も少し話されておりますよ。

  6. tshibuya : 2007/12/27 - 09:26:50 -

    急、急須〜? あの、お茶入れる? まあいいや。コメントありがとうございます。
    内幕ばらされたっていっても、あれは音楽の不思議を書いたに過ぎないので、そういうふうに読んでいただくとさらに深遠な世界が広がります。わけがわからなくなる可能性大ですが(笑)。

    山上路夫さんですか。なつかしいなぁ。10年近く前にお会いしたのが最後(それもひさしぶりに)。お元気なんですね。うん、レコード・コレクターズ立ち読みしてみよう。

  7. asianimprov : 2007/12/28 - 20:01:54 -

    「渋やんはね(中略)ホームレスより汚い格好して六本木に立ってたこともありました」山上路夫

    −−レコード・コレクターズ 2008/01 (P.121)

  8. tshibuya : 2007/12/29 - 00:27:34 -

    それがなにか?
    ビートルズが日本にくるまで、帝国ホテルなんてGパンで入ることができなかった(正確にはわからないけど)、世の中、そのくらい遅れてたわけですね。わはは。
    ぼくは当時もいまも同じかっこうしてるはずです。でも昔の方がもっと自然だったかも知れない(笑)。
    しかし、「六本木に立ってたこともありました」はないよななぁ。歩いてたくらいでいいと思う。

  9. asianimprov : 2007/12/29 - 11:24:06 -

    「渋やんはね、昔から天才ピアニストって言われていたんですけど、会った頃はまだ曲をそんなに書いていなかったんです。日比谷にあった日比谷インっていうナイトクラブに沢田駿吾のグループのメンバーとして出ていて、僕はたまに見に行ってました。その頃から彼もオールスタッフに出入りしていて、いずみたくさんのアレンジをしていました。あの頃、彼は才能を持てあましていたんです。独特のスタイルだったなぁ。ボロボロのコート着てボサボサの頭で、ホームレスより汚い格好して六本木に立ってたこともありました。」山上路夫

    結局、全部を引用してみました。

    確かに、「六本木に立ってた」はないですね。「立ってた」じゃ、まるで挙動不審者だ。(爆笑)

  10. sakamoto : 2007/12/29 - 14:26:47 -

    先日の神戸でのライブじっくりと、楽しませてもらいました。新しいCDもじっくり聞かせてもらっています。今年は神戸でのソロ2回、ナーダムでのオーケストラと楽しませてもらいましたが、来年は大阪でもソロを聞かせて下さい。どうかご検討お願いします。

  11. tshibuya : 2007/12/29 - 22:00:59 -

    sakamotoさん、聴きにきてくださってありがとう。ナーダムのオーケストラも聴きにきてくださったそうでますますありがとう、です。
    今年もオーケストラの関西方面があるかも知れません。その節はまたぜひお出かけください。
    大阪はあまり縁がなくて、知っているライブハウスがあまりない。どこかいいところがあったら紹介してくださいな。

  12. 神戸の隠居 : 2007/12/31 - 00:09:29 -

    ”solo”をBGMにしながら年賀状を書いていたら、
    FM東京のG会長宛ての番がまわってきたので、
    思わず、”solo”の録音場所を作った人として褒め称えてしまいました。
    受け取ったG会長は、いつもの私の賀状と違うので、一瞬なんのことかわからないでしょうネ(^o^)。
    そんなことはともかく、音を間違えても、渋谷毅の”solo”は渋谷毅のソロなのです!

  13. tshibuya : 2007/12/31 - 15:56:56 -

    あ、ご隠居、先日はありがとうございました。このところずっとお会いできてうれしいです。
    そうですか。会長面食らうでしょうね〜。
    こちら今日のピットインとアケタの店で年越しです。毎年恒例。飲み過ぎないようにしなくては!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>