明田川荘之さんとduo

2008/01/21 月曜日 - 14:34:19 by tshibuya

昨日はドルフィーで明田川さんとduo。
同じピアノ同士だから滅多にいっしょにやることはない。たまにアケタオーケストラにゲストで行ってオルガンを弾く程度。二人でというのはほんとにめずらしい。昨日はピアノを弾いたりオルガンを弾いたり。
いっしょにやってみると、明田川さんは思っている以上に明田川さんらしい。聴いているだけだと間に空気の層みたいなものがあって、明田川さんは明田川さんであってもあまりそういうことは感じない。いや、間になにかあるのではなくて、演奏してる当事者だからわかるそういうものがあるのかも知れない。演奏というのは考えている以上に複雑怪奇であるらしい。
そんなことを考えると、音楽というのが実にいい加減なものだと思えてくる。いい加減というと語弊があるかも知れないけれど、ま、いいや。そんないい加減なものに全身全霊を賭けるのだから、ご苦労なことである、とそこで他人の目にはなれないから困る。

5 Responses - “明田川荘之さんとduo”

  1. マスコ : 2008/01/21 - 15:52:41 -

    はじめておじゃまいたします。
    先日、渋谷さんの言われたことを
    なんとな〜く毎日かんがえてます。
    そして、なんとな〜くわかるきがしたりして・・
    (結論なんてないものに無理無理に結論づけたがる
    のはわたしの悪いクセで
    それは音楽とはあんまり関係ないわけですが)
    いつでもそこいら中に鳴ってるものを
    鳴ってるとおりに
    歌えばいいのだな
    鳥の歌みたいに・・・
    でも、着ている殻が厚すぎて
    脱ぐのはとてもムズカシイ。

  2. tshibuya : 2008/01/22 - 13:36:16 -

    マスコさん、先日はどうも。
    元気そうでなによりです。こちらも相変わらず。相変わらずなのはいつも酔っぱらってるのも同じで、あのときなにをいったか忘れてしまいましたが、おそらく「ただ歌ったら」というような意味のことをいったんじゃないかしら。
    音楽は「ただやるもの」と思ってます。他のことは大したことじゃない。ぜひ、歌ってください。

  3. 妃摩甚 : 2008/01/23 - 09:27:25 -

     お久しぶりです!去年の暮れの廣島クワトロ楽しみにしてたのですが、通夜が入りいけなかったのです。大阪も東京もスケジュール合わずで、なかなか聴くチャンスがなくてイライラ。くOみさんのZEKを博多に聴きに行くチャンスが出来たのでそちらへ、田中小実昌さんの本を持っていきますので是非読んでみてください。彼の本はなかなか見つからなくて、和紙はほとんど全て持ってますが、どうしてみんな読まないのかな??TVに出てたへんなおじさんのイメージが強いのでしょうか・・・・先日BOOK OFFで奇跡的に2冊見つけましたのでそれを読んでみてください。 
     是非是非読んでください!!
    なんちゅうコメントなんじゃろう????

  4. tshibuya : 2008/01/23 - 11:40:11 -

    おっ、博多にZEKトリオ聴きに行く、と。
    それはいいですね〜。この間アケタの店で聴いたんですが絶好調って感じがしました。
    田中小実昌さんの本持ってきてくださるとのこと、うれしいです。昔読んだ記憶があるんですが、もうすっかり忘れています。楽しみにしています。

  5. tshibuya : 2008/01/30 - 00:22:02 -

    妃摩甚さん、本、受け取りました。ありがとうございました。
    早速読んでいます。感想はまた後日。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>