これがわからない

2008/02/03 日曜日 - 13:48:43 by tshibuya

ピアノがうまく弾ける、あるいは弾けた、と感じたときはとてもうれしい。こころが軽くなる。反対にそう感じなかったときはもうほんとに嫌になって「もう帰っちゃおかな」などと思う。でもそうはいかないから知らん顔してつづけることになるけれど、こういうときは辛い。
で、その違いがどこからくるのかわからないのが困る。身体の調子がよくて、さあ、やるぞと思って弾いたら全然だめだったりするのはしょっちゅうで、二日酔いで具合が悪いときがよかったりすることもある。もちろん駄目のときも多い。
そういう身体の調子とか気分とかに関係なくよかったりよくなかったりするのは、これは一体なんなのか。

うまく弾ける、弾けたというのを確実にするのは練習ということになるのかしら。それだって当てにはならないけれど、確率ということから考えれば、ほんの少しだけいいかも知れない。しかし年齢のことも考えなければいけなくて、あと何年生きてるかわからない人に練習などさせるより好き勝手にやらせた方がいいに決まっている。人間死ぬまで勉強、などというのはこれはまた別の話であって、と、話がどこかに行きそうなのでやめるけれど、ここからがいまいいたいことで、昨日のアケタの店夜中のソロはなんだかピアノがうまく弾けて気分がよかった。

6 Responses - “これがわからない”

  1. Haruo : 2008/02/03 - 16:37:07 -

    はじめまして。

    昨日の「アケタの店」で始めて渋谷さんのソロ・ピアノを
    聴かさせて頂きました。
    (オーケストラや今村祐司さんのグループ等では何度か拝見しています)

    音に集中なさっているなと感じられる演奏を聴きながら、いつのまにか安心して
    音楽に身を任せている気分になって、とても心地の良い時間を過ごさせて頂いたのですが、
    やはり演奏しているご本人も、調子の良い状態で気持ちよく弾かれていたんですね。

    色々なステージで毎回そんな演奏を聴ける訳ではないので、
    非常にラッキーでした。

    深夜という「ちょい高ハードル」をなんとかクリアしつつ、また伺わせて頂きます。(笑)

  2. tshibuya : 2008/02/03 - 20:16:43 -

    Haruoさん、聴きにきてくれてありがとう。
    確かに深夜というのは終わってどう帰るかが問題ですね。
    また高いハードルをクリアしてきてくださいな。

  3. サッポロ : 2008/02/03 - 22:15:22 -

    こんばんは。
    わたくしも、昨日はじめて深夜のソロを聴きに行かせて頂いたものです。

    足を運んで良かったです。

    音楽だけがそこにあるような、不思議な時間でした。。。

    音と色と流れが、生まれては、消えていく、
    音楽の神秘深さを実感した、夜でした。

    アケタさんの店も恥ずかしながら、
    はじめて伺わせていただき。
    気のおけない、という感じの、
    友達の部屋、みたいな良い空間ですね。

    そして店を出ると舞い落ちてくる雪が。

    忘れがたき、素敵な夜でした。
    ありがとうございました。

  4. tshibuya : 2008/02/04 - 08:17:02 -

    サッポロさん、というと、札幌からお出でになったんでしょうか。どうもありがとう。
    調子のいいときって、自分が弾いてるのに自分が弾いてないような感じがするんです。おかしないい方ですが、指が勝手に動いているのを見てる自分がいる。
    アケタの店は大好きです。大好きで30年も経ってしまった(笑)。
    「忘れがたき、素敵な夜」などといわれると、ぼくもうれしいけど、一番よろこんでいるのはアケタの店でしょう。

  5. サッポロ(黒ラベル) : 2008/02/04 - 23:27:04 -

    えと、いや、サッポロというのはですね、
    アケタの店のビ―ルはサッポロだったなあと…
    すいません、都内在住です。
    (べつにあやまることでもなかったか…)

    ので、これからも気軽に
    聴きに行きたいと思います!

  6. tshibuya : 2008/02/05 - 01:13:09 -

    あ、サッポロビールね(笑)。そうだろうなぁ、札幌の人がサッポロなんて名乗るわけないですね。そのままだもの。
    またサッポロビール(黒ラベルか)飲みにきてください。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>