八木教会、ビッグアップル、Dot Cool

2008/04/23 水曜日 - 16:07:49 by tshibuya

旅の間中毎日違うゲストに登場してもらうというのは、そう深く考えてのことではなかったけれど、朝起きて、さあ、今日はどうなるんだろうという緊張感があるのは、気分が違うということの外に、そこになにか希望のようなものも生まれてきてなかなかいい。昨日の失敗などどこかに行ってしまうということもあるかも知れない(笑)。

18日、橿原の八木教会でのライブは昨年につづいて2回目。古い木造のホール(これをなんというんだろう)はいい音でピアノが響く。ゲストのイライジャさん(vo)はいっしょにやるのは2回目で、前回は夢中でやっていたのでよくわからなかったけれど、今回はゆっくり聴く余裕がこちらにあって、それでいっしょにやってみるとその柔らかい歌がとってもいい。またごいっしょしたい。サム・クックの歌を何曲か歌ってもらったけれどこんどはもっとそういうのをやってみたい。
つい最近「OSAKA」というアルバムを出したchi-Bさんとmasta.Gさんが聴きにきてくれてCDを頂いた。どうもありがとう。

19日は神戸ビッグアップルで溝口恵美子さん(vo)と。溝口さんはtorigenさんのblogで知ったけれど(そういえばchi-B & masta.Gさんもそうだ)、ビッグアップルには何回も出ているらしい。音楽がしっかりしていて頼もしい。こんどはゆっくりやりましょう。

20日、静岡のDot Cool。ゲストに平田王子さん(vo、g)。平田さんは新しいアルバムが完成してもうすぐ発売されるはず。そのアルバムの中からの曲を中心にたくさん歌ってもらった。
新しいアルバムは、加藤崇之(g)、松風鉱一(fl、cla、alto)、宮野裕司(cla、alto)、渋谷毅(p)、とのduo集。ひとつの意志の上にできたすばらしいアルバムだ。ぜひみなさんに聴いてほしい。

8 Responses - “八木教会、ビッグアップル、Dot Cool”

  1. torigen : 2008/04/23 - 17:12:59 -

    Dot Coolには残念ながらお邪魔できませんでしたけれど、八木教会にビッグ・アップル、二夜連続の心地よい時間を過ごさせて頂きました。いつもながら渋谷さん、有り難うゴザイマス。
    八木には時間が間にあうかどうか微妙な処でしたが、なんとかセーフ、本当に響きの良い聖堂に驚きながらじっくり拝聴いたしました。電車の関係で最後まで居ることが出来ず失礼しましたが、Elijah Leviさんの暖かくて柔らかいハイ・トーンと渋谷ピアノに圧倒の一日目?でした、わはは。
    二日目はこれまた、一緒にやると聞いて驚くやら喜ぶやら…だった、恵美子さんと。いやぁ、堪能しましたデス。音にも酒にも酔っぱらってしまったかも…汗。
    そうです、殆ど神戸がメインのような恵美子さんですが、積極的に日本各地を転戦している模様。また、ご一緒の処を拝聴したいものです♪

  2. asianimprov : 2008/04/23 - 23:05:43 -

    「サム・クックの歌を何曲か歌ってもらったけれどこんどはもっとそういうのをやってみたい。」

    こういう感想をいただいて嬉しいです。ジャンルにこだわらない渋谷さんですから、R&BであれSOULであれ、関係ないのでしょうが・・・。

    デューク・エリントンのDon’t Get Around Much Any Moreやビリー・ホリデイのGod Bless the Childも実に聞き応えがありました。

    気が早すぎますが、イライジャとの3回目の共演を楽しみにしています。(笑)

    モータウンの名曲もいいかもしれない。マービン・ゲイはどうかな・・。オーティス・レディングも・・(笑)

  3. tshibuya : 2008/04/24 - 10:53:56 -

    torigenさん、連続二日間聴きにきてくれてありがとうございます。
    いや、イライジャさんも溝口さんも実力者だと思いました。
    八木教会では思いがけなくchi-B & masta.Gさんにも会えたし、それもこれもtorigenさんのおかげです。
    さて、次はなにをやろうかな。いつもと違ったことをするのがいいとは決して思いませんが、そういうことをすることによって確認するなにかがあるような気もします。う〜ん、わはは、だ。

  4. tshibuya : 2008/04/24 - 11:04:53 -

    asianさん、あの、小さい声でいえば、ぼくはジャンルにこだわっています。
    しかし、NIFTY時代にあおひげさんにいわれたジャンルについての言葉が鮮烈で、それ以来ジャンルという言葉を安易に使うことには疑問を感じてたりしていて。
    それはともかく、イライジャさんのよさは今回よくわかりました。またいっしょにやる機会を作ってくださいな。

  5. torigen : 2008/04/24 - 12:51:03 -

    おかげなんて何にもさせてもらってないので恐縮デス。
    chi-B & masta.Gの曲、聴いてやって頂けたらまた感想などヨロシクでございます!

  6. chi-B&masta.G : 2008/04/24 - 21:43:53 -

    To Dear Mr.Shibuya… from both of us.

    こころの中の血液が流れるように
    Pianoの音が教会にながれます。
    その音は、人と人を結びつける魔法。
    渋谷さんは魔法使いで、
    聞きに来てる人は魔法に酔いしれ、
    渋谷さんは、酒に酔いしれる。

    終わった後、すぐにトイレに入ると渋谷さんが先に入っておられた。
    おお〜!酒臭いでえ。神聖な教会にぴったりや。
    おつかれさま。と、ひとこと声をかけました。

    ちょっと照れたように。うつむきかげんで。
    その”角度”は、マイルス デイビスといっしょやった。

    (辻川”masta.G”雅治)

    asianimprovさんのお陰で、やっと渋谷さんをこの目で見る事がかないました。静かでもなんだか底力強いイベントでしたね。またお会いできる機会を楽しみにしています。(chi-B)

  7. tshibuya : 2008/04/25 - 23:49:27 -

    chi-B & masta.Gさん、遠いところありがとうございました。あ、CDも。
    ぼくのCD差し上げればよかった。なにか終わって興奮状態で舞い上がってたのですっかり忘れてました。またの機会に。
    頂いたCDの感想、こんど書きますね。

  8. asianimprov : 2008/04/26 - 08:30:37 -

    後半の演奏前、なにやら透明の液体が入ったグラスを片手に教会に入った渋谷毅は数人のスタッフに取り囲まれたそうな。

    「渋谷さん、それ、お酒でしょ!」(全員苦笑)

    「いやぁ、水ですよ・・」(・・と逃げる渋谷さん)

    「ここは教会なんですからね」(・・とあくまで真面目なボランティア軍団)

    なお、以上のやりとりは非常に平和的な雰囲気で行われたことを付け加えておきます。(^_^)v

    しかし、(6)でのmasta.Gのレポートの信憑性は否定できません。(爆笑)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>