植松良高さんが亡くなった

2008/06/09 月曜日 - 10:15:07 by tshibuya

植松良高さんが亡くなった。
植松さん(ds)はぼくのデビューアルバム「DREAM」(鹿児島パノニカのライブ盤)のドラムをやってくれた人で、その頃親しくつき合っていた。植松さんはぼくが住んでいた麻布十番の、そこから歩いて5分くらいのところに住んでいて、よく遊んだし、ライブでもよくいっしょにやった。ロブロイ時代。
70年代終わりだったかアメリカに渡り、ずいぶん長い間滞在し、何年か前に帰ってきてまたライブハウスに出演していた。
彼は無類に人がよくて、それだけでも変わった人だったけれど、なんというか一種のバンドマン気質とでもいうようなものを持っていて、ステージではいつも蝶ネクタイ姿で演奏していた。会えば、やぁやぁやぁ、と調子がいいのもそれと同じだ。
何年か前に恵比寿のサンマリノでやったのが最後だった。昔の仲間が次々といなくなるのはさびしい。しかし日々はそういうさびしさなど関係なく過ぎて行く。

植松くん、ありがとう。

2 Responses - “植松良高さんが亡くなった”

  1. へいさん : 2008/06/09 - 10:36:17 -

    植松さんとは、この数年頻繁にお会いして、昔の渋谷さんとの(「DREAM」の裏話やロブロイ等)話を聞かせていただいたりしていました。残念です。
    ご冥福をお祈りいたします。

  2. tshibuya : 2008/06/10 - 00:11:27 -

    病気だということは聞いてたんですが、元気で演奏してたので、亡くなったと聞いてびっくりしています。麻布十番時代をなつかしく思い出します。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>