SONGSができてきた!

2009/02/27 金曜日 - 08:57:37 by tshibuya

昨日、エッセンシャル・エリントンの第三集「SONGS」が届いた。SONGSのことは前にも書いたけれどうれしいからもう一度書く。

songs_2.jpg

Essential Ellington + Hideko Shimizu SONGS

松風鉱一(fl、as、bs)
峰厚介(ts)
関島岳郎(tuba)
渋谷毅(p)
外山明(ds)
清水秀子(vo)

01 Prelude To A Kiss
02 Caravan
03 I Let A Song Go Out Of My Heart
04 I Got It Bad And That Ain’t Good
05 Everything But You
06 I’m Beginning To See The Light
07 Do Nothin’ Till You Hear From Me
08 It Don’t Mean A Thing
09 Sophisticated Lady
10 Take The “A” Train
11 Come Sunday

ジャケット:沢田としき、沢田節子
ライナーノート:加藤総夫
もう少し詳しく書けば、録音は島田正明、録音場所は「なってるハウス」。こんなに待ち遠しかったのは武田和命さんのDVD以来だ。発売は3月4日だけどライブには持って行ってるので先行発売できます。
それから第一集(essential ellington)、第二集(island virgin)は2月18日にビデオアーツから発売されています。

8 Responses - “SONGSができてきた!”

  1. 岩下和了 : 2009/02/27 - 11:12:46 -

    \(^o^)/わーい!待ってました。アケタの夜中のソロに持って来てくださいねっ。

    紫と緑も、黒と白の隣に並べて、より親しみやすくなりました。これからはビデオアーツ盤で楽しませて頂きます。

    レコードコレクターズのインタビュー中編、またじわんとしました。来月号の後編が、またまたたのしみです。

  2. tshibuya : 2009/02/27 - 12:46:08 -

    やっとできてきました。って、自分の責任で遅くなったに違いないけど(笑)。
    レコードコレクターズの後編の校正も昨日出しました。そのまま載せたら袋だたきにあいそうなところを直して。まったくなに話してるんだか。

  3. 森田孝一郎 : 2009/03/09 - 00:35:34 -

    昨夜は大口さんと松風さんのライブで吉次郎での打上げまで大いに盛り上がりました。

    SONGS、最高です!
    ボクの友だちが昨日、十字屋で再販1集2集をまとめて買ってくれました。
    SONGSも買うように言いました。

    今日のライブは外山さんみたいなセッティングでフリージャズしました。。

    おやすみなさい。

  4. tshibuya : 2009/03/09 - 02:09:29 -

    大口さん、松風さんのライブは昨日でしたか。楽しかったでしょうね。
    こちら、「月の鳥」+外山明で北陸関西を廻りさっき帰ってきたところです。
    持って行ったSONGSは全部売り切れてしまいました。もっと持って行けばよかった。

  5. 下村 眞一 : 2009/03/13 - 22:25:42 -

    songsやっと手もとに来ました。現在聞きながら書いてます。不思議なバンドの編成ですが、デューク・エリントンの本質をついていると小生思いました。
    ところで原 信夫とシャープスアンドフラッツが2009年解散をしますが、原 信夫さんのディスコグラフィーをたまたま見ておりましたなら1963年暮れに渋谷 毅 入団し春に後任を菊池 雅章に譲るとなっておりますが本当ですか本当でしたなら参加アルバムをお手数ですが
    教えてください。しかし渋谷さんのピアノいいですねちょっとモンクぽかったりして、えらそうにすいません。

  6. tshibuya : 2009/03/14 - 09:12:47 -

    下村さん、SONGS聴いてくれてありがとう。アルバム完成記念ライブは3/28ピットインです。お近くならぜひどうぞ。
    シャープ&フラッツには短い期間でしたがお世話になりました。ぼくの前か後が(はっきりしない)菊池雅章なのもその通りです。シャープの資料に後とあるならそうなんでしょう。
    そのころレコーディングしたかどうかは記憶にありません。サイドバーにあるdiscographyの最初が65年のシャープですが、そのころはもう辞めたあとですからピアノは弾いていないでしょう。

  7. 下村 眞一 : 2009/05/31 - 23:29:26 -

    我が町にも渋オケがやってくるうれしいな!(^^)!
    ところで5月の連休等を利用しエリントン楽団を30年代から聞きなおしました。そこで気づいたことですが渋谷さんのファンから怒られそうですが、ザ・ポピュラーエリントンの裏ジャケに目落とすとHERE IS THE ESSENCE OF ELLNGTON 書いておりそこからかと納得しました。違っていたらすいません。
    また40年代のジミー・ブラントンのベースを聞きながら思ったことですが、特にジャツク・ザ・ベアでベースのラインとか雰囲気が見たような聞いたような気がしたのですが、自分だけの見解ですが今は亡き川端 民生さんを思い浮かべました。そして5月29日に門のマスターとクインシー・ジョーンズの話になり、いきなりレコード2枚アート・ファーマーとポール・クニシェットのアルバムを出され見るとクインシーのサイン〔クインシーはカタカナ〕で渋谷 毅へと書いてありマスターから若い時は徹底的に研究していたんだよ!恐れ入りました。
    それと渋谷 毅さんの音楽でマスターと一致したのは音楽が素晴らしいのは当たり前だけどその上、品がいいんだって事。

  8. tshibuya : 2009/06/01 - 00:10:21 -

    ポピュラー・エリントンは名盤ですね。エリントンのアルバムはみんないいんですが、その中でもこれが一番好きです。
    ジャケット裏にHere is the ESSENCE OF ELLINGTON ってあるんですか。なるほど。エッセンシャル・エリントンはプロデューサーの望月由美さんの命名ですが、それを読んでたのかも知れませんね。
    クインシー・ジョーンズのサイン入りLPは「門」に行ってたのか〜。サイン入りのLPは40枚近くあったはずがいまは半分くらいしか手元にないのはそうやってあっちこっちに行ってしまったんだろうなあ。
    7月の鹿児島、楽しみにしています!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>