紙上理さん

2009/05/19 火曜日 - 10:46:23 by tshibuya

ジャズをやりはじめたころからの仲間といえば、渡辺文男さん、今村祐司さんだけれど、紙上理(しがみただし)さんも同じころからの仲間だ。
紙上さんのベースは穏やかでなんともいえない暖かさがあって、そしてその人間がまたのんびりしていて会えば思わず和んでしまう。今日はアケタの店で紙上理G。ときどき頼まれます。レギュラーのピアニストは元岡一英さんかな。
西岡たかしさんというフォークの人がいる。どういう経緯だったか忘れたけれど、ライブを頼まれて北陸の方を廻ったことがある。フォークの人とはじめてのつき合いだった。そのときいっしょに行ったのが紙上さんと亡くなった植松良高さん(ds)、70年代のはじめころだったか。ライブではなにが芸をひとつ披露するなんていうのがあって、紙上さんは煙草を一本一気飲み(吸う、か)するというのをやった。確か。いまだったら芸にならない。ほんとに心配されちゃう。馬鹿なことをやってたなあ、と思うけれどそのときは大いに笑った。植松さんとぼくはなにをやったか憶えていない。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>