上野茂都 めしのしたく

2009/06/19 金曜日 - 13:54:25 by tshibuya

松倉さんのライブに行ったとき、円盤の田口さんからできあがったばかりの上野茂都さんの「めしのしたく」をいただいた。昨年の12月に録音したものだ。
上野茂都(vo、三味線)
宮野裕司(as)
船戸博史(b)
渋谷毅(p)
上野さんとは彼が「つれれこ社中」という変な名前のグループにいたとき知り合った。おっかしなうたを歌う人だなあ、と思ったけれど、そのおかしなうたの中になんともいえない暖かさがあって妙に忘れられなくなる。なにがおかしいといって、入っている曲を書いてみると、

01 厨房節
02 ほへひょろ
03 鰯節
04 居ながら旅情
05 遠慮節
06 ぬけた節
07 だめっすだめっす
08 蘇生節
09 まめかん
10 一年
11 めほへひ余情
12 外食無情
13 明るい気持ちになれなくて
14 めしのしたく

どうです、おかしいでしょう?
アルバムの帯に書いてある言葉がぴったりなので下に書いておきます。
聴くほどに、生きてるってことは、なんと哀しく切なく、可笑しく嬉しいことだろうと思えてくる。そして腹が減る! さあ、めしのしたく。

2 Responses - “上野茂都 めしのしたく”

  1. asianimprov : 2009/10/10 - 21:08:31 -

    これ、ある人から頂いたのをそのままにしていて、今日初めて聴きました。

    面白かった。

    本職は彫刻家だとか。

    やはり、メシは大事だ。

  2. tshibuya : 2009/10/12 - 10:41:39 -

    上野茂都さんのうたはほんと面白いですね。聴いていると「プロフェッショナルがどうのこうの」などといういい方が如何にくだらないかがよくわかる、いや、思い出されます。なんて、八つ当たり的ではあるけれど(笑)。
    12/1にマンダラ兇乃念ライブがあります。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>