シブヤシゲヨシさんについて(1)

2010/01/11 月曜日 - 13:23:26 by tshibuya

シブヤシゲヨシさんは北海道伊達市に住んでいた。もうずいぶん前に亡くなったのだけれど、このところどういうわけか頻りに思い出されてならない。
はじめて伊達に行ったとき、そのときは大雪で札幌からの列車が遅れに遅れて、伊達に着いたときはもう夜の11時過ぎ、その日やるはずだった「イット」というジャズ喫茶でのレコードコンサートなどどこかに行ってしまった。もう時効だからいいと思うけれど、そのときはトリオレコードの伊藤さんと悠雅彦さんがいっしょで、それが理由はわからないけれど店主の大木さんと険悪な感じになって、伊藤さんと悠さんは怒ってどこかに行ってしまった。こちらはどこかに行く理由がないからずっと店に残ってその日は大木さんのところへ泊まった。
翌日洞爺湖温泉などに行って楽しく過ごし、翌々日だったか、面白いところがあるから行こう、と、連れて行かれたのがシブヤシゲヨシさんのところだった。
そのころシゲヨシさんは言葉の研究をしていて、確か「五十音感情の正体」という本を上梓したころで、これは簡単にいえば、五十音のひとつひとつには感情がある、という理論で、それを細かく説明し、さらにはそれを記号化したもので、シゲヨシさんはそれについてとても熱心に話してくれたのだけれど、ぼくには少々難解、というよりわけがわからず狐に化かされたような気分だった。そのとき、この本の前に出した北海道の物産を紹介した小冊子も見せてもらったけれど、これは、例えばカニについてカニという音が持つ感情でカニを紹介するといったもので、こちらの方がわかりやすく面白かった。
そうしてシゲヨシさんと知り合って、伊達に行けば必ずシゲヨシさんのところにお邪魔するようになった。
1977、8年のことだ。

追記
最近知ったシブヤシゲヨシさんに関するサイト

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>